最近のトピックス/2016

最近のトピックス

最近のトピックス2016年

2016年6月26日 響ホールフェスティヴァル2016「メリーウィドウ」に出演しました

クリックすると大きくなります

私の出身地、北九州市は、クラシック音楽の普及に力を入れており、八幡区に響ホールという立派な音楽ホールがあります。

ここを活動拠点としている(財)北九州市芸術文化振興財団が、音楽事業の一環として、開催しているのが「響ホールフェスティヴァル」。

創造と発信」をテーマに、2016年は、2日間にわたって「ウィーン」をテーマにしたコンサートや、ホール内外のスペースを活用した無料イベントが開催されました。

コンサートは、初日の25日が「魔法の笛」(オペラ「魔笛」を語りと木管五重奏の演奏)が上演されました。

そして、26日には、ダイジェスト版のコンサート形式オペレッタの「メリーウィドウ」が上演されましたが、この作品に出演しましたので、当日の様子を簡単にご紹介しましょう。

音楽ファンの皆さまだけでなく、初めてオペレッタをご覧になるお客さまに楽しんで頂くという趣旨なので、上演時間75分のダイジェスト版となりました。

構成・脚本・演出は、「飛ぶ劇場」の代表を務める泊 篤志さんです。当日の指揮は村松秀明さん、演奏は響ホール室内合奏団。出演者は以下のとおりです。

クリックすると大きくなります

-ハンナ・グラヴァリ:森野由み(ソプラノ)
-ダニロ・ダニロヴィッチ男爵:大野徹也(テノール)
-ヴァランシェンヌ:大西ゆか(ソプラノ)
-カミーユ・ド・ロシヨン:行天祥晃(テノール)
-ミルコ・ツェータ男爵:上瀧征宏(俳優さん)
-クロモウ:木村健二(俳優さん)
-オルガ:高山実花(俳優さん)
これに加えて男性合唱団が5名、加わりました。

演奏を担当した響ホール室内合奏団ですが、40名以上のメンバーからなるオーケストラです。

現在、ミュージックアドバイザーを東京藝術大学学長の澤 和樹さんが務めています。

マエストロの元、とても心地よいチームワークが生み出す素晴らしい演奏で、私たち歌い手を支え、聴く方たちを魅了しました。

オペレッタを日本で短縮版の形で上演する場合、物語の進行を司るストーリーテラーを設定するのが一般的です。

今回はクロモウとオルガ、それにツェータ男爵がストーリーテラーを務めました。ストーリーテラーの軽妙なお話で、初めてのお客さまにも「メリーウィドウ」の物語がよくわかったのではないかと思います。

また、今回は台詞も含めて、日本語での上演となりました。

当日、お越しになった皆さま、お楽しみ頂けましたでしょうか。これを機会にクラシック音楽やオペレッタについて、ご興味を持って頂ければ幸いです。

2016年6月5日 「北九州地区ファンクラブの集い HAPPYお茶会」を開催しました

クリックすると大きくなります

2016年6月5日は、記念すべき日となりました。

“いつか皆さまとオーストリアの空の下、ワインのブドウ畑に囲まれて、わいわいお話しできたらいいなあ!!”と思い、オーストリアとまではいかなくても、まずは地元で、そんなお茶会をしてみようと、お友達のみなさんのご協力と支えで、初めてのお茶会をいたしました。

参加者の方が5~6人なら、うちにお招きしようかと思っていましたが、なんと、40人にも近い方々が参加してくださり、北九州市内のミネラルダイニング・アジュールさんにて、幸せなひと時を持つことができました。

簡単ですが、この日の出来事を、ちょっとご報告しますね。

クリックすると大きくなります

○スライドショー・パート1 「カフェの町 ウィーン」

○質問コーナー・パート1 デーメルのお菓子は高いので、見るだけでいいのではないかとご案内したところ、いくらくらいするのか、と質問が出ました。

ウィーンでは、香りのついた紅茶も愛されていて、最近では、なんと香りのついた緑茶も出回っています。

私も好きで飲むのですとお話ししました。ここで、すらりとしたお姿で客席から立ち上がった方がいらっしゃいました。

クリックすると大きくなります

私の活動を応援して下さり、最近では海外へ日本文化を発信すべく海外進出がパワフルな「辻利茶舗」の社長さんです。

社長さんの粋な計らいで、3人の方に辻利さんのクーポン券をプレゼントして頂きました。辻社長さんの温かいトークも人気でした。

クーポン券には数に限りがあったので、「みなさん対私」で、サバイバルじゃんけん大会開始!

勝ち抜いた方の、そのうれしそうな顔!

○スライドショー・パート2 「舞台写真」
これまでにお見せしていない舞台での写真を、何枚かご披露いたしました。

クリックすると大きくなります

○質問コーナー・パート2 小さいころからクラシック音楽ばかり聴いて育ったのかという質問があり、これはまさに、グットタイミングでした!

私の両親はエルヴィス・プレスリーの大ファンで、小さいころは、エルヴィスのレコードを聴きながら遊んでいました。

○サプライズゲスト! の乱入‥? じゃーん!!(和製)エルヴィスさんの登場です。

1曲ご披露してくださった後、私もエルヴィスさんのギターで、ラヴ・ミー・テンダーと好きにならずにはいられない、を歌わせていただきました。

会場のみなさんも、一緒に口ずさんでくださいましたよ。楽しかったです。

クリックすると大きくなります

ここで「会の名前」の投票となりました。

たくさんの候補名の中から、投票していただき、次のような結果になりました。

  • 第1位 森野由みウィーン・ネット
  • 第2位 ウィーン森の広場 と YOU &ME (ゆみ にかけて)
  • 第3位 森の仲間たち

この1位から3位までの名前を出してくださった方には、プレゼントをさせていただきたいと思っていますので、少々お待ちくださいね!

「森野由みウィーン・ネット」略して「森ねっと」どうぞよろしくお願いいたします!

クリックすると大きくなります

お茶会最後は、ドイツ語一言講座。ベートーヴェンの第9に挑戦しました。

ドイツ語を日本語で表記するのは、なかなか難しく、果たして読みやすかったかどうかは疑問ですが、みなさん、元気よく歌ってくださって、嬉しかったです。ありがとうございました。

“それではまたお目にかかる日まで”とお別れを言ってから、はたと、“写真を!”と思い出し、席を立たれたお客様を呼び戻しての集合写真。危うく忘れるところでした。

たくさんのお友達の完璧な準備とサポート、そして参加者のみなさんの温かいお気持ちでお部屋が溢れていたたからこそ、最後までやり通せたこのお茶会。

私自身は、みなさまのおもてなしはおろか、時間内に、プログラムを終わらせなければと、突っ走った感が強く、忘れてしまったこともたくさんありました。

#ref(): File not found: "2016_05_05_05s.jpg" at page "最近のトピックス/2016"

この皆さんとの会は、会に集った方同士の親睦や輪を広げていけたらいいな、と思っています。

今回は、そこまで心配りが出来ず、反省しています。また、北九州地区だけでなく、その他の場所でも開催できたら‥とも考えています。

最後になりますが、エルヴィスさんとの競演を皮切りに、これからも、このHAPPYお茶会では、ここだけの秘密のコンサートコーナーなど、私だけでなく、皆さんとも一緒に作っていけたらなと、思っています。

2016年2月21日 「Wienerisch und Gemütlich」に出演しました

クリックすると大きくなります

3月になりましたが、ウィーンでも色々なコンサートなどに出演しています。今日は、その中から2月21日に出演した「Wienerisch und Gemütlich」の模様をご紹介しましょう。

会場は地下鉄U3の終点Simmering駅にほど近いSchutzhaus Heidenröslein Gesthofに隣接した小さなホールです。

実は、当初は、この公演には出演する予定がなかったのですが、主催者のRita Krebsさんがご病気で声が出なくなり、急きょ、代役として出演が決まったものです。

そのため、共演者の皆さんとの打合せも、コンサート当日に慌ただしく行いました。

クリックすると大きくなります

「Wienerisch und Gemütlich」は、Rita Krebsさんが企画しているシリーズのコンサート。

地元の皆さまに、日曜日の午後、気軽にウィーン情緒を味わっていただけるようにRita Krebsさん、趣向を凝らして毎回、出演者を変えながら開催しています。

私が出演したのは、前半の第一部でしたが、Christian Müllerさん、伴奏は昨年も共演したProf.MalatさんとProf.Hirschfeldさんです。

普通は主催者でもある歌手のRita KrebsさんがMCも務めるのですが、今回はご病気のため、Christian Müllerさんが、Ritaさんに代わってMCも務められました。

クリックすると大きくなります

Christian Müllerさんは歌だけでなく、軽妙なお話も交えた楽しいプログラムでした。私は、ウィンナーリートを中心に、オペレッタの曲などを披露しました。

こういった会場に来ると、ウィーンの皆さまは、音楽がお好きな方が多いことが、よくわかります。

また、会場で楽器奏者の方に声をかけていただき、今後、共演する方向で話が進みそうです。

日本の皆さまにも、こういった地元密着のコンサートにご来場いただけると、普段着のウィーンを感じていただけると思います。

ただ、出演が決まるのが、直前になることも多く、先だってご案内できないのが、残念なところです。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

Designed by Stromvergleich QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional